アフィリエイト・在宅ビジネスで稼ぐコツ

年収300万円で暮らしているサラリーマンがいる一方で、好きなときにだけ仕事をして毎月毎月300万円を稼いでいる人たちがいます。また、サラリーマンを続けるかたわら、サイドビジネスで毎月100万円くらい稼いでいる人たちも大勢います。毎月100万円だと、サイドビジネスだけで年収1200万円を稼いでいることになります。

1200万円と聞くと現実には稼ぐのが大変なような気がするかもしれませんが、実際にはそうでもありません。

たとえば、年会費1万円の投資情報メールマガジンを発行している人がいます。購読者数は1000人。彼の年収は1000万円です。月会費5000円のネットビジネス支援メールマガジンを発行している人もいます。購読者数が月平均200人だとすると、彼の年収は1200万円だということになります。

副業アダルトブログの作り方-AV出会系アダルトグッズ恋愛商材チャットレディで解説

またホームページに広告を掲載して広告収入を得ている人たちもいます。そうした人たちの中にも毎月100万円以上稼いでいる人はたくさんいるのです。

サイドビジネスには在宅でできるものと外出が必要なもの、資金が必要なものと不要なものなどいろいろありますが、サラリーマンの場合は、自宅でできる資金の不要なビジネスが最適です。インターネットを利用すればそれが可能で、上で挙げ例はすべてそうです。

投資やネットビジネス支援に関するメールマガジンの発行、ホームページの運営は、パソコンがあれば多少の専門知識を持っているだけでできます。そのほかに必要なのは、パソコンに向かってデータを打ち込む作業時間くらいのものです。

WordPressでアダルトサイトを作る

新聞や雑誌などの紙媒体かテレビ放送を使っても投資やネットビジネス支援についての情報を提供することは可能ですが、個人がサイドビジネスとして利用するにはコストがかかりすぎます。

インターネットでは情報を公開するために必要なコストはごくわずかですみ、しかも自由に自分が提供したい情報を配信することができます。

インターネットで投資やネットビジネス支援に関する情報を提供するとお金が手に入る仕組みは、新聞や雑誌テレビと同じです。

新聞や雑誌テレビは情報を提供することで収益を上げています。新聞や雑誌の場合は購読料と広告費、テレビの場合は視聴料と広告費が入ってきます。つまり、情報はお金を生むのです。

アダルトアフィリエイトが稼げる理由 2024年の展望

世の中には情報を欲しがっている人たちが大勢います。そしてその裏ではお金が動きます。

雑誌を読んだりテレビを見たりしている人たちの裏ではお金が動いています。インターネットで遊んでいる人たちの裏でもお金が動いています。このことを理解すると、インターネットが単なる暇つぶしの道具などではなくお金のなる木に見えてきます。インターネットには金脈が埋まっているのです。

アダルトアフィリエイト総合講座

わたしたちが情報を欲しがる理由はさまざまです。

単なる暇つぶしのために情報をながめるときもあります。なんとなくテレビを見たりインターネットでYahoo!ニュースのトピックスをぼんやり眺めているときなどです。また好奇心が情報を欲しがるときもあります。書店で雑誌や書籍を衝動買いするのは好奇心のせいです。Yahoo!ニュースのトピックをクリックしてその先を見てみたくなるのも好奇心のせいです。

アダルトWordPressの推奨テーマと基本設定 Cocoonおすすめ

真剣に情報を探すときもあります。わたしたちは何か悩み事を抱えると、本や雑誌インターネットを使ってその悩みを解消するための情報を集めます。また、よりよい生活を手に入れるという目的でビジネス書や資格取得の本を買うときもあります。投資やネットビジネス支援に関するメールマガジンもそういう目的で読まれています。真剣だからお金を払ってでも情報を購入するわけです。

わたしたちは、損をしたくないという理由で情報を集めることもあります。

買い物をするときにわたしたちは、「変なものはつかみたくない」「買った後で悔やむのは嫌だ」「もっといい商品があるのではないか」などと思ってしまいます。働いて手にしたお金を無駄にはしたくないからです。「損はしたくない」。誰でもそう思うのです。

だから商品を買う前には、パンフレットやカタログをたくさん集めます。何件も店を見て回ったり、雑誌で評判を確かめたりします。また、インターネットでも商品の評判を調べ価格比較サイトでより安くていいものを探します。損をしない情報が欲しいからです。

ですから、情報を欲しがっている人たちに、「あなたの知りたい情報はこれでしょうか」といって的確な情報を差し出せばそこにお金が生まれるのです。

情報そのものが欲しい人は、お金を支払ってでも情報を手に入れたいと思います。そういう人たちには、メールマガジンやPDFなどで情報そのものを売ってあげればいいのです。

情報の内容は、別に投資やネットビジネス関係に限るわけではありません。実際、心理学や占い、著名人のエッセイなども有料のメールマガジンとして販売されています。ペットの飼い方や園芸など、自分が持っている趣味や娯楽の知識をまとめて情報商品としてを売っている人たちもいます。

損をしたくないという理由で情報を集める人たちは、多くの場合何かを買おうとしています。なので彼らには、情報そのものを売るというわけにはいきません。ではどうすればいいのでしょう。その人たちが買おうとしている商品を売ろうとしている人たちから、「商品の情報を紹介してあげた手数料」を支払ってもらえばいいのです。つまり広告料金収入を得るのです。

個人が運営するホームページの場合は、その人の紹介で実際に販売された商品ごとに手数料を支払うという広告料金システムが主流で、これをアフィリエイトシステムといいます。

商品を紹介する方法にはいろいろありますが、大きく二つに分けることができます。

  1. 商品そのものを紹介する
  2. 別な情報を提示して商品を紹介する

1はショップのような売り方、2は雑誌のような売り方です。

いずれにしても、商品は紹介しなければ広告手数料は入ってきません。ですから、広告収入を得る目的であるからといっても、商品の売り方について全く知識がなければ収入を得ることはできません。

商品の売り方で大切なもの、それは次の二つの要素です。

  • 何を売るか
  • どう売るか

この二点が決まらなければ商品をうまく売ることはできません。つまり、広告収入も入ってこないのです。

逆にいえば、この二点さえしっかり決めてしまえば商品はうまく売ることができます。この点についてはあとで詳しく解説をしますが、たとえばバナナはたたき売りでも売ることはできますが、一戸建て住宅をたたき売りで売るのはなかなか難しいだろう、ということです。

いまでは、アフィリエイトシステムを利用して広告収入を得ようとする人たちが急増しています。パソコンとインターネット接続環境さえあれば、手持ちの資金がほとんどゼロでも始めることができるからです。

ブログサービスの普及によって、ホームページを作る技術がなくても、自分の書きたいことを簡単に公開できるようになったことも、アフィリエイトで収入を得ようとする人たち、アフィリエイターが増加している一因です。

資本を持った法人のアフィリエイターも増えています。法人アフィリエイターでは、年に数千万を稼ぎ出す会社も少なくありません。

その一方で、これまでアフィリエイトで稼ぎ続けてきた一部のアフィリエイターは、「アフィリエイトでは稼げなくなった」といっています。理由は、競争相手が増えすぎたからだそうです。

ですが、インターネットに投入される広告費用は毎年増加を続けています。新聞や雑誌テレビに投入される広告費用が減少を続けているのとは逆なのです。インターネット通販の市場規模も年々増加をしていて、大手のデパートなども参入するようになっています。

この傾向を裏付けるように、個人のアフィリエイターでも広告収入を増やし続けている人はたくさんいるのです。では、「アフィリエイトでは稼げなくなった」と嘆いているアフィリエイターと稼ぎ続けているアフィリエイターの差はどこにあるのでしょうか。

先に挙げた「商品の売り方で大切な二つの要素」を思い出してください。

アフィリエイトでも、この二つの要素、「何を売るか」「どう売るか」は重要です。最終的には、紹介した商品を買ってもらえなければ広告手数料を手にすることができないからです。

商品を売る要素は「何を売るか」「どう売るか」の二つだけだ、と聞くと単純そうなのですが、実際にはそうではありません。この二つを具体的に考えると、(いろいろな商品)×(いろいろな売り方)というとんでもない組み合わせのパターンができあがることに気がつきます。

人間は一度成功した方法を簡単に変えることができません。売り上げが落ちてきても従来やってきた方法で商品を売ろうとします。しばしば大企業でもこのわなにはまって経営を悪化させたり、最悪の場合は倒産にまで追い込まれてしまうことがあるほどです。

「アフィリエイトでは稼げなくなった」と思ったら、自分の売り方がワンパターンに陥っていないか検討してみることです。同じような商品を同じような売り方で売っているのではないかと振り返って考えてみるのです。

インターネット広告は拡大を続けていますし、稼げる人はその分だけより稼げるようになってきています。そのうえ、「アフィリエイトではもう稼げない」と思い込んで市場から撤退していくアフィリエイターがいるのです。稼げないわけがありません。

タイトルとURLをコピーしました